2003.10.17 例会報告



 今回のテーマは「保育技術交流会」でした。固い内容に参加者の低迷が予想されましたが、
なんのなんの8名の参加でした。しかしこんな時に限って学生の参加は0(ゼロ)! 
なかなか保父の会 イコール 飲んでばっかりというイメージは払拭できません・・・。
 まずは家村くんから年長児の発表会の取り組みについて話がありました。
4才児から持ち上がりで気心しれた子ども達と、どんな事をしたいかを一緒に考えてながら
展開していく様子が目に浮かぶような話でした。
「保育士も楽しみながら」というスタンスに彼の余裕と保育観が現れてましたね。
他の人からは、行事で子どものどんな姿を見せるのか、その後の生活にどうつなげていくのか、
保護者との関係づくりも含めながらアドバイスや経験談が語られました。

 畠山氏は、カレーパーティーの取り組みを資料付きで紹介してくれました(さすが会長!)。

 「はじめに行事ありき」でなく、変化をつけた導入でワクワクしながらカレーパーティーを
迎える様子がよくわかりました。初めての取り組みにもチーム制という保育の特質を生かし、
リードしていく畠山氏の力を垣間見た話っぷりでした。

 浅利氏からは丸一日キャンプごっこを楽しむという、スケールの大きな保育の話が出されました。
食事も昼寝もクラス全員でテント生活・・・、子ども達の嬉しそうな顔が目に浮かびますね。

 本間氏からは現在の職場や就職活動で道内あちらこちらの保育所を見ている中から感じるところを話してくれました。
肝心の保育の内容については余りきかれなかったのですが、自分の感じているところをうまく表現出来ないことについて、
他者からたくさんアドバイスを受けてました。
厳しい指摘も多かったのですが、それは頑張ってほしいというエールだと思い、
ガンバってほしいところです。

 次回の忘年会の場所を決めて22時には解散しました。

最後に・・・勝手に事務室にあるお菓子食べちゃってゴメンね  by小田